『巧言令色鮮し仁』(こうげんれいしょくすくなしじん)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



まるで想像できない言葉ですが、なんとなく

自分の意見を控えめにして慕う、従う

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『巧言令色鮮し仁』の意味


『巧言令色鮮し仁』(こうげんれいしょくすくなしじん)の意味は

言葉を飾り
表情をつくろって人に気に入られようとするものには
真心や慈愛の徳が欠けている


といった意味のようです。



自分のことだけ考えてる人は気遣いが足りない

のような意味になりそうです。



『真心』(まごころ)は
真実の心。偽りや飾りのない心。誠意
『慈愛』(じあい)は
親が子供をいつくしみ、かわいがるような、深い愛情
『繕う』(つくろう)は
外・はたから見た感じがいいように、体裁をよくする
『体裁』(たいさい)は
外から見た感じ・ようす。外見。外観

といった意味になります。

スポンサードリンク


『巧言令色鮮し仁』の類義語

おもねる
媚びる
取り入る
持ち上げる
煽てる
追従
阿諛
迎合
曲学阿世
へいこら

『へつらう』の慣用句

いい子になる
意を迎える
おべっかを使う
歓心を買う
機嫌を取る
媚びを売る
胡麻を擂る
尻尾を振る
太鼓を持つ
髭の塵を払う

『へつらう』のことわざ

巧言令色鮮し仁
下いびりの上諂い

関連コンテンツ



スポンサードリンク