『胡麻を擂る』(ごまをする)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、媚を売る、相手の機嫌をとり気に入られようとする

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『胡麻を擂る』の意味


『胡麻を擂る』(ごまをする)の意味は

人にへつらって自分の利益を図る

といった意味のようです。



媚を売って自分も得をしようとする

のような意味になりそうです。



『諂う』(へつらう)は
人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する
『図る』(はかる)は
心の中で推定する。想像する。おしはかる
『推し量る』(おしはかる)は
類似の事実を当てはめてみて、見当をつける

といった意味になります。



例文としては
「次長に時給を上げてもらえるように胡麻を擂る」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『胡麻を擂る』の類義語

おもねる
媚びる
取り入る
持ち上げる
煽てる
追従
阿諛
迎合
曲学阿世
へいこら

『へつらう』の慣用句

いい子になる
意を迎える
おべっかを使う
歓心を買う
機嫌を取る
媚びを売る
胡麻を擂る
尻尾を振る
太鼓を持つ
髭の塵を払う

『へつらう』のことわざ

巧言令色鮮し仁
下いびりの上諂い

関連コンテンツ



スポンサードリンク