『下いびりの上諂い』(しもいびりのかみへつらい)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



いまいちわかりづらい言葉ですが、なんとなく

上辺だけ謝って陰口を叩く

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『下いびりの上諂い』の意味


『下いびりの上諂い』(しもいびりのかみへつらい)の意味は

下の者につらく当たる者は
えてして自分より上の者にはペコペコと媚びへつらうものだ


といった意味のようです。



美味しんぼの上司のような人

のような意味になりそうですね。



自分より立場が弱い者には強く当たって強気になる人は
権力のあるもの、強い者にはいい顔をしている、機嫌をとる

のような意味になりそうです。



『媚びへつらう』(こびへつらう)は
人の気に入るように振る舞う。お世辞を言ったりして人におもねる
『諂う』(へつらう)は
人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる
『媚びる』(こびる)は
他人に気に入られるような態度をとる。機嫌をとる

といった意味になります。

スポンサードリンク


『下いびりの上諂い』の類義語

おもねる
媚びる
取り入る
持ち上げる
煽てる
追従
阿諛
迎合
曲学阿世
へいこら

『へつらう』の慣用句

いい子になる
意を迎える
おべっかを使う
歓心を買う
機嫌を取る
媚びを売る
胡麻を擂る
尻尾を振る
太鼓を持つ
髭の塵を払う

『へつらう』のことわざ

巧言令色鮮し仁
下いびりの上諂い

関連コンテンツ



スポンサードリンク