『遠謀』(えんぼう)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



三国志の人名だと田豊(でんぼう)という名前がいるので

◯ぼうのような人名が三国志の世界だと結構いそうですが。



「謀」(はかりごと)の漢字が含まれているので

遠くから、間接的に相手を陥れる策略

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『遠謀』の意味


『遠謀』(えんぼう)の意味は

遠い先まで考えた計画・計略

といった意味のようです。



「計略」は
目的が達せられるように前もって考えておく手段。
また、相手をだまそうとするたくらみ。はかりごと

といった意味なので

計略も意味が含まれている時点で

相手を陥れるという意味にもなってきそうです。



『遠謀』の「遠」は遠い、間接的にという意味でなく

遠い先、未来という意味だったんですね。



なので

これから先、未来にそって相手を陥れるための計画、またはただの計画

という意味となりそうです。



例文としては
「遠謀して仲間を優先する」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『遠謀』の類義語

企て
企図
企画
構想
立案
プラン
プロジェクト
目論見
目算
筋書き
青写真
成竹
大計
雄図
遠謀

計略
知略
策謀
画策
画する
策する

『計画』の慣用句

絵に描いた餅
砂上の楼閣

『計画』のことわざ

一日の計は朝にあり
取らぬ狸の皮算用

関連コンテンツ



スポンサードリンク