『住めば都』(すめばみやこ)という言葉は

よく聞く言葉ですね。



なんとなく、

どのような環境でも慣れれば自分にとって最高の環境となる

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『住めば都』の意味


『住めば都』(すめばみやこ)の意味は

どんなところでも住み慣れればそこが一番居心地よく思えるものだということ

といった意味のようです。



慣れた場所が自分にとっての故郷のような居心地の良い環境となる、居場所、居心地となる

というような意味になってくるようですね。



居心地が良い、ということはそれだけ物事がスムーズにいく、ということだと思うので

何事も慣らしていくことは大事なのかもしれません。



慣れれば知らないこともなくなってきそうなので

安心からくる居心地でもありそうです。



慣れていないこと、自分が苦手だと思うことも慣らしていって

住めば都を増やしていくのもいいのかもしれませんね。

スポンサードリンク


『住めば都』の類義語

生活
起居
起き伏し
寝起き
寝食
衣食
生計
口過ぎ
身過ぎ
世渡り
渡世
食う
食べる
やっていく

『暮らす』の慣用句

同じ釜の飯を食う
口を糊する
暮らしが立つ
腰を落ち着ける
飯の種
飯を食う
路頭に迷う
露命を繋ぐ

『暮らす』のことわざ

衣食足りて礼節を知る
住めば都
泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生

関連コンテンツ



スポンサードリンク