『ライフサイクル』という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、日頃の行動、習慣、生活

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『ライフサイクル』の意味


『ライフサイクル』の意味は

年齢による生活の変化という観点からとらえた
人の一生


といった意味のようです。



意味を見てもいまいちわかりませんが

年齢で生き方が変わるという視点から見た人生

のような意味になりそうです。



『ライフサイクル』は
1.生活環
2.人間の一生をいくつかの過程に分けたもの
3.ある製品が開発され、発展普及し、やがて新製品の開発によって衰退する一連の過程。製品の一生
『生活環』(せいかつかん)は
ある生物の生活史を,わかりやすく環状に表現したもの。また生活史そのものの記述をさす
『生活史』(せいかつし)は
1.生物個体の発生から死までの全生活過程
2.個人の生涯の歴史

といった意味になります。



例文としては
「サイヤ人のライフサイクル」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『ライフサイクル』と『ライフコース』の違い


『ライフサイクル』は
1.生活環
2.人間の一生をいくつかの過程に分けたもの
3.ある製品が開発され、発展普及し、やがて新製品の開発によって衰退する一連の過程。製品の一生
『ライフコース』は
個人が一生の間にたどる道筋のこと。具体的な人生の道程、キャリア経歴のようなもの

といった意味になります。



意味を見比べても違いがわかりずらいですが

「ライフサイクル」は
一生を循環、円のようにイメージ
生活を人生の全体から見る、年齢ごとに分ける
抽象的で生物として見た一生

「ライフコース」は
一生を一方通行、道のようにイメージ
人生を過去から積み重ねる、未来を想像するように見る、人生計画
具体的で世の中、社会として見た一生

のような意味、違いになるのかもしれません。

『ライフサイクル』の類義語

生涯
人生
今生
一代
一期
終生
終身
畢生
ライフサイクル

『一生』のことわざ

門松は冥土の旅の一里塚
邯鄲の夢
芸術は長く人生は短し
人事は棺を蓋うて定まる
人生朝露の如し
酔生夢死
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
人は一代、名は末代
浮生夢の如し