『一期』(いちご)という言葉は

見たことはある言葉ですね。



聞いただけだと「苺」(いちご)、またはBLEACHの黒崎一護が先に浮かんでしまいますが、なんとなく

一定の期間

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『一期』の意味


『一期』(いちご)の意味は

一生。一代

といった意味のようです。



『一期』(いちご)は
1.生まれてから死ぬまで。一生
2.死に際した時。臨終最期
3.一生に一度しかないようなこと。一生にかかわるようなこと
『一期』(いっき)は
1.任期・学年など、定められた期間のひとくぎり
2.長い期間を分割した最初のひとくぎり

といった複数の意味となり、読み方によって意味も違うようです。



例文としては
「一期(いちご)の不覚」
「一期(いちご)に関わるようなギャンブル」
「一期(いっき)が成功したアニメには二期も成功して欲しい」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『一期』の類義語

生涯
人生
今生
一代
一期
終生
終身
畢生
ライフサイクル

『一生』のことわざ

門松は冥土の旅の一里塚
邯鄲の夢
芸術は長く人生は短し
人事は棺を蓋うて定まる
人生朝露の如し
酔生夢死
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
人は一代、名は末代
浮生夢の如し