『生涯』という言葉は

聞いた事はある言葉ですね。



なんとなく、死ぬまで、生きている間
人生、一生を重くした言い方

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『生涯』の意味


『生涯』(しょうがい)の意味は

人としてこの世に生きている間。
また、ある身分・職業の人間として生きた間


といった意味のようです。



人の一生、または仕事、役割などから見た人生

のような意味になりそうです。



『生涯』(しょうがい)は
1.この世に生きている間
2.一生のうち、ある事に関係した期間

といった複数の意味を持ちます。



例文としては
「生涯年金に頼らないようにしたい」
「忍者、魔法剣士、侍、狩人から、すっぴん(無職)としての生涯を振り返ると、これまでの経験が役に立っている」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『生涯』の対義語、反対語


『生涯』の対義語、反対語はないようですが、もしあるならば

「生涯」が
この世にいる間、のような意味なので

あの世にいる間、死後の世界で成したこと、のような

少しオカルト、スピリチュアル的な意味にもなりそうですが。



似た言葉に

『私生涯』(ししょうがい)の意味
人の個人としての生涯。私人としての一生

の対義語は
『公生涯』(こうしょうがい)の意味
広く社会に関わった部分のこと

となり、それぞれが対義語同士になるようですが

どちらも「生涯」の対義語というよりは類義語「生涯」が分離したような意味に近そうです。



または、ほぼ同じ意味の言葉である

『一生』(いっしょう)の意味
生まれてから死ぬまでの間。終生(しゅうせい)。 生涯

の対義語は
『半生』(はんしょう)の意味
生死のさかいにあること

となるので「半生」が「生涯」の対義語、反対語としても近い意味になるのかもしれません。

スポンサードリンク


『生涯』の類義語

生涯
人生
今生
一代
一期
終生
終身
畢生
ライフサイクル

『一生』のことわざ

門松は冥土の旅の一里塚
邯鄲の夢
芸術は長く人生は短し
人事は棺を蓋うて定まる
人生朝露の如し
酔生夢死
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
人は一代、名は末代
浮生夢の如し