『終生』(しゅうせい)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



普通だと「修正」の方が先に浮かんでしまいそうですが、なんとなく

人生、生きている間が終わるまでの時間

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『終生』の意味


『終生』(しゅうせい)の意味は

「終世」とも書く
ある状態や関係などが一生を終えるまで続く様子

といった意味のようです。



一生の意味を強調したような言葉となりそうです。



例文としては
「終生独身の人」
「終生の宿敵」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『終生』の反対語、対義語


『終生』の反対語、対義語はとくにないようですが

似た言葉である

『一生』(いっしょう)の意味
生まれてから死ぬまでの間。終生(しゅうせい)。 生涯

の対義語
『半生』(はんしょう)の意味
生死のさかいにあること

といった言葉が「終生」の対義語、反対語としても近い意味にはなり、しっくりきそうです。

スポンサードリンク


『終生』の類義語

生涯
人生
今生
一代
一期
終生
終身
畢生
ライフサイクル

『一生』のことわざ

門松は冥土の旅の一里塚
邯鄲の夢
芸術は長く人生は短し
人事は棺を蓋うて定まる
人生朝露の如し
酔生夢死
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
人は一代、名は末代
浮生夢の如し