『個性』(こせい)という言葉は

日常でも頻繁によく聞く言葉ですね。



「個性」と聞くと色々な意味がイメージされますが

まず「その人の性格」といった意味であったり
その人特有の特別な性格、性質、スキル
その人にしかない特別な特徴

といった意味にも聞こえてきます。



普段使われている「個性」という言葉は

ただの性格や性質といった意味よりは
その人の特別な、特徴的な部分

というような意味にもなってきそうですが。

スポンサードリンク


『個性』の意味


『個性』(こせい)の意味は

他と区別できるようなその人特有の性格

といった意味のようです。



性格、性質のような意味だけでなく

『区別』
あるものと他のものとが違っていると判断して分けること
『特有』
そのものだけが特にもっていること

といった意味を含んでいるんですね。



確かに個性的と聞くと

その人にしか持っていない何かがイメージされるような気がします。



良くも悪くも

特徴的な部分を表現したい時

にこの言葉が使われそうですね。



例文としては
「文字の書き方が個性的だ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『個性』の対義語


『個性』は
区別できて特有な性格

のような意味なのでその反対の意味となると

区別できない量産型のような性格

みたいな意味になってきそうです。



つまり
特徴がない個性がないつまらない
記憶が残らないような何も感じない性格

という意味になるのかもしれません。



ただそういう意味を持つ言葉は作られてなさそうで

自分で作ると「無個性」のような言葉になりそうですが。



ただそういった性格は

他に影響されやすい、流されやすい性格が予想されて

逆に言えば個性的な性格は

野性的で野心家なのかもしれません。



そうなるとイメージ的には

内向的、インドアな性格が予想されますが

内向的といってもいろいろな人がいると思うので

そういった性格というわけでもなさそうです。



まとめると

『個性』の反対の意味は

流されやすい、周りの性格と似たような性格
どちらかというと受動的な性格

対義語、反対語とするならば

無個性

ということになるのかもしれません。

スポンサードリンク


『個性』の類義語

性質
気性
性分
性情
気質(きしつ)
気質(かたぎ)


為人
個性
人格
パーソナリティー
キャラクター
人柄
気立て
心根
心性
本性
地金
根性
気っ風
資性

『性格』のことわざ

噛む馬はしまいまで噛む
習い性となる
三つ子の魂百まで

関連コンテンツ



スポンサードリンク