気質(きしつ)という言葉は

なんとなく聞いたことはありますね。



「性格」「性質」というような意味なのかなという気がしますが

はっきりとした意味は分からないような気がします。



なんとなく
その人の本来の性格、生まれ持った性格

というような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク

『気質(きしつ)』の意味


『気質(きしつ)』の意味は

生まれついての気持ちのあり方。性質

といった意味のようです。



「性質」という意味自体が既に

持って生まれたものと考えられる、その人の気持ちのあり方

といった意味なので

基本的に「性質」という言葉とほぼ意味は一緒

ということになりそうです。



また心理学では
個人の性格の基礎をなす遺伝的・体質的な感情傾向

といった意味となるようです。



例文としては
「飽きっぽい気質で長続きしないので習慣化に頼った」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『気質』と『性格』の違いとは


『気質(きしつ)』は
生まれついての気持ちのあり方。
『性格』は
ものの考え方や行動の仕方などに表れるその人に特徴的な傾向

といった意味になるので

『気質』と『性格』の違いとなると

「生まれついて」という部分が含まれているかいないか

という考えも生まれてきます。



また『気質(きしつ)』の意味は

さっき紹介した「心理学では」も含め複数の意味があり

『気質(きしつ)』は
1.気だて。気性。かたぎ。
2.中国で、万物を構成する物質である気によって形成される物の性質。
特に宋(そう)学では、人間がそれぞれ別にもつ身体的、精神的な性質をいう。
3.心理学で、個人の性格の基礎にある、遺伝的、体質的に規定されたものと考えられている感情的傾向。
体液の相対的な割合の違いによって多血質・胆汁質・黒胆汁質・粘液質の分類や、回帰性・分裂性・粘着性という気質分類がある

といった意味になってくるようです。



パット見てだとわかりづらく
じっくり読んで理解する必要がありそうですが

要するに
『性格』の意味のようにその人の特徴を表す総合的な意味ではなく

やや「精神」というか遺伝子レベルの本能

その人の意志によって生まれる性格というよりは無意識

始めに言ったように
「生まれついての」

という意味がやや強くでていそうです。



なので「気質」は内面的、本質的、生まれつきの性質

という意味があるのに対し

「性格」は
ただその人の性格を表す意味の総称

という意味になってくるので

「気質」と「性格」の違いは

「生まれつきの」という意味が強いか弱いか

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク


『気質(きしつ)』の類義語

性質
気性
性分
性情
気質(きしつ)
気質(かたぎ)


為人
個性
人格
パーソナリティー
キャラクター
人柄
気立て
心根
心性
本性
地金
根性
気っ風
資性

『性格』のことわざ

噛む馬はしまいまで噛む
習い性となる
三つ子の魂百まで