『営業』(えいぎょう)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



いまいち意味がピンときませんが、なんとなく

相手が承諾するように交渉する、商売、売買

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『営業』の意味


『営業』(えいぎょう)の意味は

利益を得るために事業を営むこと。
また、企業の販売活動


といった意味のようです。



『企業』(きぎょう)は
営利を目的として、継続的に生産・販売・サービスなどの経済活動を営む組織体
『営利』(えいり)は
財産上・金銭上の利益を得る目的をもって事を行うこと

といった意味になります。



会社などの
『経営』
事業目的を達成するために、継続的・計画的に意思決定を行って実行に移し、事業を管理・遂行すること

のような意味になりそうです。



『営業』は
1.利益を得る目的で、継続的に事業を営むこと
2.得意先を回って顔つなぎをし、商品の紹介、売り込みをすること

といった複数の意味を持ちます。

スポンサードリンク

『営業』の例文、使い方


例文としては
「駅前のラーメン屋は深夜まで営業している」

のような
「仕事中」
「お店を開いている」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『営業』の対義語、反対語


『営業』の対義語、反対語は

『休業』(きゅうぎょう)
営業・業務などを休むこと

といった意味の言葉になります。



先ほど紹介した

『営業』の1つ目の意味の反対語に近そうです。

『営業』の語源、由来


『営業』の語源、由来は

営業とは営利を行う目的として業務を行う

というところから本来の意味になったようです。



『営む』
1.忙しく物事をする。怠ることなく励む
2.生活のための仕事をする。経営する
『業務』
職業や事業などに関して、継続して行う仕事

のような二つの意味が合わさったような言葉なのかもしれません。

スポンサードリンク

『営業』の類義語

商い
事業
実業
営利事業
営業
社業
ビジネス
金儲け
商行為
売買
取引
交易
トレーディング

『商売』のことわざ

商い三年
商いは牛の涎
商いは草の種
商人と屏風は曲がらねば世に立たず
商人に系図なし
売り物には花を飾れ
紺屋の白袴
士族の商法
安かろう悪かろう