『商い』の読み方は(あきない)と読みます。



『商い』(あきない)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、「商売」

と似たような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『商い』の意味


『商い』(あきない)の意味は

商品の売買。
また、商品を売って稼ぐ仕事


といった意味のようです。



『商売』と似たような意味、言葉となりそうです。



『商売』(しょうばい)は
1.商品を仕入れて、売ること。あきない
2.課せられている任務。つとめ。また、職業。専門の仕事
3.芸者などの接客業。水商売
『水商売』(みずしょうばい)は
客の人気・都合により収入が左右される商売

といった意味になります。



例文としては
「今はネットを使った商いのほうが流行ってそうだ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『商い』の語源、由来


『商い』(あきない)の語源、由来は

昔の商業、収穫したものや織物などの交換が秋だったところから

「秋なう」となり「あきない」になったのでは

という考えがあるようです。



昔は商人のことを「あきひと」と言われていたようで

『商い』は、この「あき」からきた読み方のようです。

スポンサードリンク


『商い』の類義語

商い
事業
実業
営利事業
営業
社業
ビジネス
金儲け
商行為
売買
取引
交易
トレーディング

『商売』のことわざ

商い三年
商いは牛の涎
商いは草の種
商人と屏風は曲がらねば世に立たず
商人に系図なし
売り物には花を飾れ
紺屋の白袴
士族の商法
安かろう悪かろう

関連コンテンツ



スポンサードリンク