『士族の商法』(しぞくのしょうほう)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、プロフェッショナルの商売

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『士族の商法』の意味


『士族の商法』(しぞくのしょうほう)の意味は

明治維新後
武士だった人が慣れない商売を始めて失敗したことから
金儲けの仕方を知らない人が商売をして失敗すること

といった意味のようです。



商売に慣れてない人が商売で失敗をする

のような意味なりそうです。

スポンサードリンク


『士族の商法』の類義語

商い
事業
実業
営利事業
営業
社業
ビジネス
金儲け
商行為
売買
取引
交易
トレーディング

『商売』のことわざ

商い三年
商いは牛の涎
商いは草の種
商人と屏風は曲がらねば世に立たず
商人に系図なし
売り物には花を飾れ
紺屋の白袴
士族の商法
安かろう悪かろう

関連コンテンツ



スポンサードリンク