『商いは牛の涎』(あきないはうしのよだれ)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



「牛の涎」(うしのよだれ)の意味がいまいちわかりませんが、なんとなく

商売は牛の涎のように湯水のように溢れる、その気になれば際限なく稼げる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『商いは牛の涎』の意味


『商いは牛の涎』(あきないはうしのよだれ)の意味は

牛の涎に切れ目がないように
商売は気長に努力すべきであるということ


といった意味のようです。



牛の涎は切れ目がない、に例えて

商売は切れ目なく努力すべきである

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク


『商いは牛の涎』の類義語

商い
事業
実業
営利事業
営業
社業
ビジネス
金儲け
商行為
売買
取引
交易
トレーディング

『商売』のことわざ

商い三年
商いは牛の涎
商いは草の種
商人と屏風は曲がらねば世に立たず
商人に系図なし
売り物には花を飾れ
紺屋の白袴
士族の商法
安かろう悪かろう

関連コンテンツ



スポンサードリンク