『商いは草の種』(あきないはくさのたね)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



なんとなく、商売は一攫千金のようにすぐには成功せず

ちょっとずつ種をまいて育てるように、先のための行動をする必要がある

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『商いは草の種』の意味


『商いは草の種』(あきないはくさのたね)の意味は

商売は草の種のように種類が多くて
いろいろなものがあるということ


といった意味のようです。



「種」の意味が育てて先のための行動、のような意味ではなく

商売はいろいろなものがある

といった意味になるようです。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『商いは草の種』の類義語

商い
事業
実業
営利事業
営業
社業
ビジネス
金儲け
商行為
売買
取引
交易
トレーディング

『商売』のことわざ

商い三年
商いは牛の涎
商いは草の種
商人と屏風は曲がらねば世に立たず
商人に系図なし
売り物には花を飾れ
紺屋の白袴
士族の商法
安かろう悪かろう
[ad#co-6]

[ad#co-3]