『転寝』(うたたね)という言葉は

ちょっと横になって眠る

といったイメージがあります。



漢字を見ても
「転んで寝る」

とあるので

やはり横になって寝転んで眠る

という仕草になってくるような気がします。



『転寝』の読み方は(うたたね)と読みます。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『転寝』の意味


『転寝』(うたたね)の意味は

寝床以外のところで、眠るつもりもなくて
ついうとうとと眠ること


といった意味のようです。



寝床以外の場所で眠るつもりがないのにうっかり眠ってしまう

といった意味なんですね。



眠気に誘われて
睡魔に促されて

つい眠ってしまった

ということなのかもしれません。



そうなると居眠りと似てきそうな言葉ですが

転寝のほうが

悪い事してなさそうな

柔らかいイメージがありそうです。



作業中、仕事中というよりは

くつろいでいる中眠ってしまった

というように聞こえてきます。



『居眠り』だと

運転中に寝てしまった

という感じにも聞こえてきますが。



例文としては
「テレビを見ていたらつい転寝してしまった」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『転寝』の類義語

寝る
寝付く
寝入る
寝込む
眠りこける
まどろむ
就寝
就眠
熟睡
安眠
一寝入り
転寝
居眠り
うとうと
うつらうつら
こっくりこっくり
まんじり

『眠る』の慣用句

お休みになる
華胥の国に遊ぶ
御寝なる
春眠暁を覚えず
白川夜船
寝に就く
床に就く
船を漕ぐ
夢を結ぶ
宵っ張りの朝寝坊
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]