『課業』(かぎょう)という言葉は

頻繁に耳にしそうで

「作業」という言葉と意味が似てそうですが

でもはっきりとした意味があやふやなような気がします。



なんとなく
「肉体労働」というよりは「頭脳労働」というイメージがありますが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『課業』の意味


『課業』(かぎょう)の意味は

なすべきものとして割り当てられた業務・学業

といった意味のようです。



なすべきものは

自分が行うべきことすべきこと

割り当てるは

それぞれに与えたり,受け持たせたりする

といった意味になります。



なので
自分が行うべき与えられた仕事、または勉強

というような意味になってきそうです。



仕事にしても学問にしても
自分が与えられたやるべきこと
自分の役割

言い換えると
自分がやらなければならないこと

ということなのかもしれません。



例文としては
「今日の課業を午前中のうちに終わらせた」

といった使われ方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『課業』の類義語

稼ぐ
労する
勤める
勤務
執務
就労
勤労
稼働
労働
課業
営み
オーバーワーク
鞅掌
奔命

『働く』の慣用句

汗を流す
犬馬の労をとる
精を出す
手足となる
怠け者の節句働き
額に汗する
骨を折る
身を粉にする

『働く』のことわざ

稼ぐに追いつく貧乏なし
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]