『芸は身を助ける』(げいはみをたすける)という言葉は

あまり聞いたことがない言葉ですね。



意味を予想してみると

自分のこれまでの経験が助けになる

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『芸は身を助ける』の意味


『芸は身を助ける』の意味は

趣味や道楽で身につけた芸が
困窮したときに生計の助けとなる


といった意味のようです。



『困窮』は
困り果てること。困り苦しむこと
『生計』は
生活のための手段・方法

といった意味になります。



一見役に立たなそうな遊びや娯楽といった経験が、後々になって生計の助けになるときもある

のような意味になってきそうですね。



辛い思いをして難しいことを覚えた時よりも、

楽しい思いをして覚えた時の方が学んだときの吸収率もいいでしょうし

学んだ量もやる気がある分もしかしたら多いのかもしれません。



やはり経験値としても自分らしさとしての成長にもなりそうなので

遊びから身についた能力こそ結果的に役に立ちやすいのかもしれませんね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『芸は身を助ける』の類義語

実力
力量
技量
特技
職能
才能


腕前
手腕
手並み
才幹
才覚
天分

甲斐性

『能力』の慣用句

腕が立つ
驥足を展ばす
多々益益弁ず
頭角を現す
右に出る者がない

『能力』のことわざ

錐囊中に処るが如し
芸は身を助ける
能ある鷹は爪を隠す
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]