『我が上の星は見えぬ』という言葉は

『運』のことわざにあたります。



こういったことわざも存在したんですね。



やはり『運』のことわざの中では

「人の人生は天が決めるもの」

といった意味を持つものが多いので

このことわざもそういった意味合いを持つのかもしれません。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『我が上の星は見えぬ』の意味


『我が上の星は見えぬ』の意味は

易者(えきしゃ)は他人の星は占うが自分の運命は知らない。誰にも自分の運命はわからないということ

といった意味を持つようです。



易者(えきしゃ)とは

易などの占い師といった意味のようです。



『易』(えき)は古代中国で流行った占いの方法。

といった意味を持ちます。



『我が上の星は見えぬ』ということわざは

意味は少し違ってきますが間接的には

『運否天賦』や『死生命あり』といったことわざと

言っている意味はほぼ一緒ですね。



「自分の運命は天が決めるもの」

といった意味が『運』のことわざでは多かったですが

ここでは

「自分の運命は誰にもわからない」

といった意味を持っています。



でもどちらの意味でも

「だから無理にあらがわず成り行きに任せよ」
「だから気にせず思うままに生きよう」

と言われているような気もしてきます。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『我が上の星は見えぬ』の類義語

運勢
運気
運命
巡り合わせ
星回り
吉凶
付き
幸運
強運
悪運
不運
天運
天命
定め

『運』の慣用句

いい目が出る
有卦に入る
付きが回る
間がいい
良い星の下に生まれる

『運』のことわざ

運は天にあり
運否天賦
果報は寝て待て
死生命あり
我が上の星は見えぬ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]