『修める』(おさめる)という言葉はよく聞きますが

色々な種類の「おさめる」があるので

意味がどうしてもこんがらかってしまいそうな気がします。



「学ぶの類義語」として使われている
この『修める』という言葉は

ちょっと難しそうなあまり見慣れていないような言葉ですが
漢字は学ぶと意味が似ているような気がするので

どこか
鍛錬して習得する、身に付ける

といった意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『修める』の意味


『修める』(おさめる)の意味は

学問や技芸を身につける

といった意味のようです。



『技芸』は
美術・工芸などの芸術に関する技術

といった意味になります。



『修める』もおそらく日常でよく使われている言葉ではあると思うので

こういった基本的な意味を持つ言葉のようですね。



自分の中に修める
知識を自分の中に修める

というイメージをもつ言葉なのかもしれません。

『修める』の例文や使い方


例文としては
「専門学校でゲームクリエイトの技術を修めた」

といった「身につける、習得する」
の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『修める』の類義語

習う
教わる
修める
学習
勉強
勉学
修業
習得
体得
会得

『学ぶ』の慣用句

いい薬になる
蛍雪の功
見様見真似
六十の手習い

『学ぶ』のことわざ

学問に王道なし
少年老い易く学成り難し
習うより慣れよ
学びて思わざれば則ち罔し
門前の小僧習わぬ経を読む

関連コンテンツ



スポンサードリンク