『習うより慣れよ』(ならうよりなれよ)という言葉は

比較的よく聞く日常でもよく使われそうな言葉ですね。



よく仕事や運動系の部活、もしくはアルバイトでも
いろいろな場面で使われそうな言葉ですが

その意味は
頭で考えるよりも体を動かして慣れていこう

というような感じで使われていた気がしますが。



言葉のまま見て意味を受け取ると
誰かに教わって学ぶよりも
自ら進んで行動して慣れていった方が学べるものである

というような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『習うより慣れよ』の意味


『習うより慣れよ』(ならうよりなれよ)の意味は

物事は人に教えられて頭で覚えるよりも
自分で実際にやってみて経験を積む方が身に付くということ


といった意味のようです。



「人に教えられて」というと
どうしても自分流ではなく
相手の流儀になってしまうので

自分らしい考え方でなくなってしまいます。



自ら進んで学んだり自らの経験から学んでいくと

自分らしい考え方や自分がやりやすい考え方で
学んでいくことができるので

より自分にあった身に付け方、覚え方で
学ぶことが出来るような気がします。



人から学ぶことが悪いわけでは無いのですが
あくまで他人から学ぶのは基本のみに留めておいて

そこから自分なりの自分らしい色で
学んでいくのがいいのかもしれません。



そのほうがオリジナル感が出て

自信も出てきそうですね。

スポンサードリンク


『習うより慣れよ』の類義語

習う
教わる
修める
学習
勉強
勉学
修業
習得
体得
会得

『学ぶ』の慣用句

いい薬になる
蛍雪の功
見様見真似
六十の手習い

『学ぶ』のことわざ

学問に王道なし
少年老い易く学成り難し
習うより慣れよ
学びて思わざれば則ち罔し
門前の小僧習わぬ経を読む

関連コンテンツ



スポンサードリンク