『老いては子に従え』(おいてはこにしたがえ)という言葉は

あまり耳にしない言葉ですね。



それでもなんとなく意味を予想してみると

老いていったら自分の子供に従ったほうがよい、従うべきだ

というような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク

『老いては子に従え』の意味


『老いては子に従え』(おいてはこにしたがえ)の意味は

年老いたならば何事も子に任せて従うほうがよい

といった意味のようです。



つまり、年をとったら隠居生活したほうがよい
何事も自分ではやらず子供に任せてしまったほうが良い

ということなのでしょうかね。



ただ、子供がなんでも任せられるくらい立派なら良いのですが

そうでない場合、任せても気が気でなさそうですね。



それに、何事も子供に任せてしまうということは自分では何もしない

ということなので、ますます年を取ってしまう、活動力が低下するため

体も衰えてしまうのではという気もしてきますが。



ストレスが時には健康に良い

ぼーっとしている時間より、集中している時間のほうが幸せを感じられる

ということなので、ある程度責任のあること、

やらなければならないことがあったほうが良いのかもしれません。

スポンサードリンク

『老いては子に従え』の語源、由来


『老いては子に従え』の語源、由来となるのは

どうやら中国から、仏教、儒教の教えから来た言葉のようです。



中国の儒教関連の論文集「大戴礼記(だたいらいき)」の「本命篇」にある
『三従』
(幼少時は父兄に、結婚したら夫に、夫の死後は子に従うこと)

の内の1つが語源、由来となっています。



「三従」は男性中心の考えからくる言葉のようなので

父、兄に従え
夫に従え
息子に従え

となってそうなので

「老いては子に従え」は

「三従」の男性に従えのついでのような言葉なのかもしれません。

『老いては子に従え』の反対語、対義語


『老いては子に従え』の対義語、反対の意味となると

親に従え、老人、熟練者のいうことを聞いたほうが良い

のような意味になってきそうです。



候補となる言葉は
老いたる馬は道を忘れず
経験を積んだ者は,自分のとるべき道を誤らない
年は寄れども心は寄らぬ
年はとっても、気力はまだ衰えていないということ
老馬の智
役に立たないと思っているものでも何か取り柄があること。
経験を積んだものの判断には誤りがないこと

といった言葉が『老いては子に従え』の反対語、対義語に近い意味を持ってそうです。

『年は寄れども心は寄らぬ』は比較的違いそうですが。



ここでは、年寄りというよりは経験を積んだものに従ったほうが良い

という意味になってきそうですね。

スポンサードリンク

『老いては子に従え』の類義語

老境
老年
老いらく
老残
耄碌
老化
年波

『老い』の慣用句

老いの一徹
老いの繰り言
老いを養う
愚に返る
春秋高し
鶴は千年亀は万年
年は争えない
年寄りの冷や水
日暮れて道遠し
焼きが回る

『老い』のことわざ

老いたる馬は路を忘れず
老いては子に従え
老いては益益壮なるべし
麒麟も老いぬれば駑馬に劣る
昔の剣今の菜刀
老驥千里を思う