『蛇蝎の如く』(だかつのごとく)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



「龍が如く」だと聞いたことがあるのですが

こちらの「蛇蝎の如く」は聞きなじみがない気がします。



予想しづらい言葉ですが「嫌うの類義語」として考えると

四面楚歌、周りは敵ばかり、または、全ての人を嫌う

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『蛇蝎の如く』の意味


『蛇蝎の如く』(だかつのごとく)の意味は

蛇とサソリは人に忌み嫌われる存在であることから
激しく嫌悪する様子をいう言葉

といった意味のようです。



強く嫌う

のような意味になりそうです。



『忌み嫌う』(いみきらう)は
嫌って避ける。ひどくいやがる
『嫌悪』(けんお)は
憎みきらうこと。強い不快感を持つこと

といった意味になります。



例文としては
「蛇蝎のごとく嫌うと疲れる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『蛇蝎の如く』の類義語

憎む
忌む
忌み嫌う
厭う
煙たがる
嫌悪
毛嫌い
憎悪
敵視
反目
白眼視
総すかん

『嫌う』の慣用句

敬して遠ざける
犬猿の仲
白い目で見る
蛇蝎の如く
目の敵にする

関連コンテンツ



スポンサードリンク