『厭う』の読み方は(いとう)と読みます。



『厭う』(いとう)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



いまいちわからない言葉ですか「嫌うの類義語」として考えると

嫌う、嫌がる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『厭う』の意味


『厭う』(いとう)の意味は

嫌に思って避ける

といった意味のようです。



嫌って避ける

のような意味になりそうです。



『厭う』(いとう)は
1.嫌って避ける。嫌がる
2.かばう。大事にする。いたわる
3.世俗を嫌って離れる。出家する
4.危険や障害などを避ける

といった複数の意味を持ちます。



『世俗』(せぞく)は
1.俗世間。また、俗世間の人
2.世の中の風俗・習慣

といった意味になります。



例文としては
「細かい作業にも厭わなくなった」
「どうか気功砲を使わずお厭いください」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『厭う』の類義語

憎む
忌む
忌み嫌う
厭う
煙たがる
嫌悪
毛嫌い
憎悪
敵視
反目
白眼視
総すかん

『嫌う』の慣用句

敬して遠ざける
犬猿の仲
白い目で見る
蛇蝎の如く
目の敵にする

関連コンテンツ



スポンサードリンク