『総スカン』(そうすかん)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



いまいちわかりづらい言葉ですが「嫌うと類義語」として考えるならば、なんとなく

全てが気に入らなくて嫌う

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『総スカン』の意味


『総スカン』(そうすかん)の意味は

「すかん」は「好きでない」の意味
みんなから嫌われること

といった意味のようです。



四面楚歌、周り全てから嫌われる

のような意味になりそうです。



例文としては
「周りの機嫌を取らないでいたら総すかんとなっていた」
「主人公はたとえ総すかんのように絶望的であっても最後には逆転する」

のような使い方が良さそうです。

『総スカン』の語源、由来


『総スカン』の語源は

「総」と関西弁の「好かん」が合わさった言葉から来たようです。



『総』(そう)の意味は
すべてのもの。全体
『好かん』の意味は
好きではない

となります。

スポンサードリンク


『総スカン』の類義語

憎む
忌む
忌み嫌う
厭う
煙たがる
嫌悪
毛嫌い
憎悪
敵視
反目
白眼視
総すかん

『嫌う』の慣用句

敬して遠ざける
犬猿の仲
白い目で見る
蛇蝎の如く
目の敵にする

関連コンテンツ



スポンサードリンク