『不運』(ふうん)と聞くと

「よくないことが起こった」
「悪いことが起こった」
「いいことがない」

といったイメージがあります。



いわゆるついてないときによく使われそうな言葉で

日常でも結構頻繁に使われそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『不運』の意味


『不運』の意味は

巡り合わせが悪く物事がうまく運ばないこと。運がないこと

といった意味のようです。



偶然によって起きる出来事が自分にとって都合の悪い時

に使われる言葉のようですね。



要するに運が悪いといった意味なんですね。



例文としては
「たまたまテレビを付けたら観たい番組がちょうど終わっていたよ。不運だろお」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『不運』の類義語

運勢
運気
運命
巡り合わせ
星回り
吉凶
付き
幸運
強運
悪運
不運
天運
天命
定め

『運』の慣用句

いい目が出る
有卦に入る
付きが回る
間がいい
良い星の下に生まれる

『運』のことわざ

運は天にあり
運否天賦
果報は寝て待て
死生命あり
我が上の星は見えぬ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]