『天運』という言葉は

どこかのギャンブルの漫画とかによく使われそうな言葉ですね。



運が神がかっていたり
普通の人ではとても体験できない

出来事が起こったときなどに使われそうですが

何にしても並々ならぬ出来事が起こった

運のいいときに使われそうな言葉です。



麻雀でいうと国士無双のようなイメージですね。

スポンサードリンク


『天運』の意味


『天運』の意味とは

天の与える巡り合わせ

といった意味のようです。



あっさりしていて逆に意味がよくわかりませんが

要するに

「天が与える出来事や成り行き」

といった意味なのですかね。



散々「運が神がかっている(運が良い)」といった意味を予想していましたが

全然そうではなくて

成り行きや出来事は天によって決められている

といった意味のようです。



ここでの『天』は

物事や成り行きが自分の意志により決まったのではなく
「これから起こる結果は既に決まっていて逆らえなかった」

といった意味になってくるのかもしれません。



例文としては

「割引商品は誰のものになるかは最後までわからない。だから天運に任せた」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『天運』の類義語

運勢
運気
運命
巡り合わせ
星回り
吉凶
付き
幸運
強運
悪運
不運
天運
天命
定め

『運』の慣用句

いい目が出る
有卦に入る
付きが回る
間がいい
良い星の下に生まれる

『運』のことわざ

運は天にあり
運否天賦
果報は寝て待て
死生命あり
我が上の星は見えぬ

関連コンテンツ



スポンサードリンク