『悪運』という言葉は

あまりいいイメージは持ちませんが

やはり運がいい対象に使いそうな言葉です。



運がいいといった意味はありそうですが

でも使う対象へはあまりいい印象は無さそうで

悪いことをしても良い方向に向かっているときにも使いそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『悪運』の意味


『悪運』(あくうん)の意味は

悪いことをしても報いを受けずに済むような運命

といった意味のようです。



運がいいというよりは

「悪いことをしているのになんでお咎めがないんだ」

といった意味のようですね。



「邪(よこしま)なことしてるのに普通に暮らしてる」
といった

やや皮肉も含まれているかもしれません。



結果的に「運が良い」という意味になるのですが

他の意味もあり

運が悪いこと

といった意味にも使われるようです。



例文としては

「悪運が強いやつだよ」
「悪運に散々泣かされた」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『悪運』の対義語


『悪運』の意味は

1.悪いことをしても報いを受けずに済むような運命
2.運が悪いこと

と2つの意味を持ち「運が悪い」という意味も含まれるので

一般的には

「運が良い。めぐり合わせが良い方向に運ぶ」
といった意味を持つ『幸運』が

『悪運』の対義語だといわれています。



ただ、『幸運』の言葉からすると

『幸運』の対義語は『悪運』というよりは

『不運』や『悲運』といった

「めぐり合わせが悪い。運がない」

とはっきり「運が悪い」意味を持つ言葉の方が対義語としてしっくり来ます。



なので

『悪運』側から見た対義語は『幸運』ですが

『幸運』側から見た対義語は『不運』が一番かもしれません。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

『悪運』の類義語

運勢
運気
運命
巡り合わせ
星回り
吉凶
付き
幸運
強運
悪運
不運
天運
天命
定め

『運』の慣用句

いい目が出る
有卦に入る
付きが回る
間がいい
良い星の下に生まれる

『運』のことわざ

運は天にあり
運否天賦
果報は寝て待て
死生命あり
我が上の星は見えぬ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]