『運気』(うんき)と聞いても

『運』という言葉と意味が対して変わらないように思います。



ただ

『運』にちょっと装飾して

『運気』といったほうがかっこよく聞こえたり

おしゃれっぽく聞こえたりするので

ちょっと使ってみたくなります。



それに
「運気が下がる」
「運気が上がる」

と言われると若干説得力が上がるような

迫力が出てくるような気がしますね。



でも正確な意味は

やはりよくわからないので

その人の運のことを表すようなくらいしか想像ができません。

スポンサードリンク


『運気』の意味


『運気』(うんき)の意味は

自然界の現象に現れるとされる人の運勢

といった意味のようです。



運勢は
「その人の未来にかけての運の善し悪し」

といった意味になるので

その人の将来の運は自然界の現象により現れる

といった意味になってきます。



自然界の現象といっても

台風や地震といったイメージになってきますが

はっきりしないのでいまいち現実味がありません。



でもその「オカルトっぽさ」「人間よりも強い力」が想像を膨らませ

信じやすいものとなり占いに使われるのかもしれません。



例文としては
「無理をしないことが結果的に運気の上昇傾向となった」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『運気』の類義語

運勢
運気
運命
巡り合わせ
星回り
吉凶
付き
幸運
強運
悪運
不運
天運
天命
定め

『運』の慣用句

いい目が出る
有卦に入る
付きが回る
間がいい
良い星の下に生まれる

『運』のことわざ

運は天にあり
運否天賦
果報は寝て待て
死生命あり
我が上の星は見えぬ

関連コンテンツ



スポンサードリンク