『運命』(うんめい)という言葉は

占いとかで使われそうな言葉で

『運気』や『運勢』とイメージが似ています。



それでもイメージがあやふやで

はっきりとした意味はわかりませんが

おおまかに人生の中で重要な時に言いそうな言葉です。



『運命』の読み方は(うんめい)と読みます。

スポンサードリンク

『運命』の意味


運命の意味は

物事の成り行きを支配し、
人の身の上に幸不幸を与えるとみなされる、
人知を超えたある大きな力。
また、それによって定められた成り行きや身の上


といった意味のようです。



思ったより深い意味を持っているみたいですね。



色々想像させられる難しい言葉です。



科学によって証明されている確かなものではなく

どこかファンタジー的な意味も含まれていますが

人の幸不幸を目に見えない力で表現しているんですね。



何となく意味を見ていると

「人生や成り行きによる運の善し悪しは色々あるから気にするな」

といっているようにも聞こえます。



無理をせず自分にできるだけやりましょう

てことですかね。



例文としては

「努力によって運命は変えられるはずだ」

といった使い方が良いかもしれません。

スポンサードリンク

『運命』の対義語


運命という言葉は

人の人生は人知を超えたものにより運の善し悪しを支配され与えられる

といった意味になってきますが

支配された運が変えられずいずれ必ず起こるのであれば

『必然』という言葉と意味が似てきます。



そして、幸不幸は

「成り行きに任せる」
「されるがままに生きていく」

といった自分の意志ではない
自由ではない生き方が表現されているので

『意思』や『自由』ではない意味にもなってきます。



なので『運命』が必ず起こる『必然』なら

『必然』の対義語である
『偶然』が対義語に

『運命』が抗えない不自由な生き方を意味するなら
『自由』が対義語に

『運命』により
「自分の意志とは関係ないされるがままの生き方」を意味するなら
『意思』が対義語となってくるかもしれません。



『運命』の意味から

「成り行きを支配して」
とあるので

「物事や成り行きは支配されている」
「自分の意志では成り行きは支配していない」
となってくるので

「運命は意志以外の力」となるので

もしかしたら『意思』が対義語に一番近くなるのかもしれません。

スポンサードリンク

『運命』の類義語

運勢
運気
運命
巡り合わせ
星回り
吉凶
付き
幸運
強運
悪運
不運
天運
天命
定め

『運』の慣用句

いい目が出る
有卦に入る
付きが回る
間がいい
良い星の下に生まれる

『運』のことわざ

運は天にあり
運否天賦
果報は寝て待て
死生命あり
我が上の星は見えぬ