『星回り』(ほしまわり)という言葉は

あまり耳にしない言葉ですね。



どこかで使われているのを偶然見たり聞いたりしていれば

「何となく分かる」という人もいるかと思いますが

普通の日常生活ではおそらくあまり聞かない言葉のような気がします。



もしかしたら使うべきタイミングも限られているのかもしれません。

スポンサードリンク


『星回り』の意味


『星回り』(ほしまわり)の意味は

その人の運命を決めるという星の回り合わせ

といった意味のようです。



まず『運命』という言葉が意外とややこしいのですが

『運命』の意味は要するに

「人知を超えた成り行きや物事の善し悪し」

といった意味になります。



なので
「その決まった運命の星の回り合わせ」

とあるので

その人の気まぐれで決まった運の善し悪しそのもの

を意味しているのかもしれません。



例文としては

「星回りがいい人と悪い人の違いは日頃の行いからきているのかもしれない」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『星回り』の類義語

運勢
運気
運命
巡り合わせ
星回り
吉凶
付き
幸運
強運
悪運
不運
天運
天命
定め

『運』の慣用句

いい目が出る
有卦に入る
付きが回る
間がいい
良い星の下に生まれる

『運』のことわざ

運は天にあり
運否天賦
果報は寝て待て
死生命あり
我が上の星は見えぬ

関連コンテンツ



スポンサードリンク