『地金』(じがね)という言葉は

あまり聞きなれない言葉のような気がしますね。



なんとなく響き的にだと
持っているお金、資産

のようなイメージがありますが

「性格の類義語」ということなので

意味が予想しづらいですね。



なんとなく
心根、生まれ持った心のあり方

のような意味になってきそですが。



『地金』の読み方は(じがね)と読みます。

スポンサードリンク


『地金』の意味


『地金』の意味は

普段は表にあらわれないよくない性質

といった意味のようです。



どちらかというと悪い性格、性質をあらわした言葉だったようですね。



『性質』は
持って生まれたと考えられるその人の感情や気持ちのあり方

といった意味なので

その人が自然に出てくるよくない感情や気持ち

といった意味になってきそうです。



「本来の性格」を表してそうですが

表に出ると相手にとって不快、悪い印象与えてしまうような性格

といった意味になりそうです。



こういった内面的なものはどうしようもなく

かといってダダ漏れだとトラブルだらけになりそうなので

隠すか自分で正していくしかないのかもしれませんね。



例文としては
「お酒を飲むとつい地金が出る癖がある」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『地金』の類義語

性質
気性
性分
性情
気質(きしつ)
気質(かたぎ)


為人
個性
人格
パーソナリティー
キャラクター
人柄
気立て
心根
心性
本性
地金
根性
気っ風
資性

『性格』のことわざ

噛む馬はしまいまで噛む
習い性となる
三つ子の魂百まで

関連コンテンツ



スポンサードリンク