『血縁』(けつえん)という言葉は

よく聞く言葉ですね。



なんとなく、血の繋がっている親兄弟、親戚

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『血縁』の意味


『血縁』(けつえん)の意味は

血のつながっている間柄。
また、その関係にある人


といった意味のようです。



『間柄』は
1.親類・血族などのつながりの関係
2.つきあい。仲
『関係』は
人と人との間柄。また、縁故
『縁故』は
1.血縁・姻戚などによるつながり
2.人と人とのつながり
『姻戚』は
婚姻によってできた、血のつながりのない親戚

といった意味になります。



意味をたどっていくと、関係のある人から婚姻にまで関係してくるので

直接血の繋がりはなくとも、親戚であれば「血縁」と意味しそうです。



例文としては
「血縁のある親族は東京に住んでいる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『血縁』の対義語、反対語


『血縁』の対義語、反対語は

地縁』(ちえん)
住む土地に基づいてできる縁故関係

といった意味の言葉になります。



住んでいる土地の縁故関係、縁故は人と人とのつながりとも意味するので

その土地に住んでいる縁、人間関係

のような意味となりそうです。



いまいちはっきりしませんが

『血縁』が
血の繋がっている関係を中心としたつながり、に対し

『地縁』は
住んでいる土地のすべてを対象にした縁故関係、人間関係

のような意味となりそうです。

スポンサードリンク


『血縁』の類義語

骨肉
親兄弟
家族
妻子
家人
家内
身内
親身
親族
身寄り
係累
血縁

『肉親』の慣用句

親の七光
親の欲目
血は争えない
血を分ける

『肉親』のことわざ

親の心子知らず
兄弟は他人の始まり
子は三界の首枷
子を見ること親に如かず
大義親を滅す
血は水よりも濃い
豆を煮るに萁を燃く

関連コンテンツ



スポンサードリンク