『親身』(しんみ)という言葉は

よく聞く言葉ですね。



なんとなく、家族のように気遣う、ふるまう

のような意味になりそうですが。



『親身』の読み方は(しんみ)と読みます。

スポンサードリンク


『親身』の意味


『親身』(しんみ)の意味は

親・兄弟など血のつながりの非常に近い人

といった意味のようです。



『親身』は
1.血筋や結婚などで近しくつながっている人。近い身内
2.肉親であるかのように、こまやかな心づかいをすること

といった意味になるので

肉親のような気遣い

のような意味としても使われるようです。



例文としては
「親身になって心配する」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『親身』の類義語

骨肉
親兄弟
家族
妻子
家人
家内
身内
親身
親族
身寄り
係累
血縁

『肉親』の慣用句

親の七光
親の欲目
血は争えない
血を分ける

『肉親』のことわざ

親の心子知らず
兄弟は他人の始まり
子は三界の首枷
子を見ること親に如かず
大義親を滅す
血は水よりも濃い
豆を煮るに萁を燃く

関連コンテンツ



スポンサードリンク