『子を見ること親に如かず』(こをみることおやにしかず)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



何となく、子供の面倒を見ることは親にとっては当たり前のことである

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『子を見ること親に如かず』の意味


『子を見ること親に如かず』(こをみることおやにしかず)の意味は

自分の子どもの良いところも悪いところも親が一番よく知っている

といった意味のようです。



子供の良いところ、悪いところは親にはお見通しである

のような意味になりそうですね。



確かに、自分の分身でもある子供が育っていく姿をいつも見ている、ということなので

自然に理解してしまう

ということなのかもしれません。



『如かず』は
及ばない。かなわない

といった意味になります。



直訳すると、子を見る目は親にかなうものはいない

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク


『子を見ること親に如かず』の類義語

骨肉
親兄弟
家族
妻子
家人
家内
身内
親身
親族
身寄り
係累
血縁

『肉親』の慣用句

親の七光
親の欲目
血は争えない
血を分ける

『肉親』のことわざ

親の心子知らず
兄弟は他人の始まり
子は三界の首枷
子を見ること親に如かず
大義親を滅す
血は水よりも濃い
豆を煮るに萁を燃く

関連コンテンツ



スポンサードリンク