『親の七光り』(おやのななひかり)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



親は子供にとって人生の先輩であり手本である

のような意味になりそうですか。

スポンサードリンク


『親の七光り』の意味


『親の七光り』(おやのななひかり)の意味は

親の地位や名声のおかげで
子供が人から重んじられること


といった意味のようです。

親の地位や名声が子供に影響を与える

のような意味になりそうですね。


『重んじる』は
価値のあるものとして重くみる。尊重する
『親の七光り』は
権力を持つ親を持った子供がその恩恵を受けること

といった意味、とあるので

悪い意味としては使わなそうです。



例文としては
「親の七光りが活躍の場を広めたが同時に周りの期待が重荷となってしまっていた」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『親の七光り』の類義語

骨肉
親兄弟
家族
妻子
家人
家内
身内
親身
親族
身寄り
係累
血縁

『肉親』の慣用句

親の七光
親の欲目
血は争えない
血を分ける

『肉親』のことわざ

親の心子知らず
兄弟は他人の始まり
子は三界の首枷
子を見ること親に如かず
大義親を滅す
血は水よりも濃い
豆を煮るに萁を燃く

関連コンテンツ



スポンサードリンク