『子は三界の首枷』(こはさんがいのくびかせ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、子供のうちは右も左も分からない状態なので、うっかり事故にあって天国か地獄にいってしまってもおかしくない

子供は常に死と隣り合わせ

のような意味になりそうですか。

スポンサードリンク


『子は三界の首枷』の意味


『子は三界の首枷』(こはさんがいのくびかせ)の意味は

親は子を思うあまり
一生子供に束縛されてしまうということ


といった意味のようです。



予想した意味がまるで的外れだったようですね。



親は子供を愛するあまり、やることなすこと面倒をみてしまう、考えてしまうため、親の人生は子供のためになってしまう

のような意味になりそうですね。



親と子の距離感は難しいですが、少なくとも成人したら

突き放す覚悟だけでもできているくらいがちょうどよいのかもしれません。

スポンサードリンク


『子は三界の首枷』の類義語

骨肉
親兄弟
家族
妻子
家人
家内
身内
親身
親族
身寄り
係累
血縁

『肉親』の慣用句

親の七光
親の欲目
血は争えない
血を分ける

『肉親』のことわざ

親の心子知らず
兄弟は他人の始まり
子は三界の首枷
子を見ること親に如かず
大義親を滅す
血は水よりも濃い
豆を煮るに萁を燃く

関連コンテンツ



スポンサードリンク