『身内』(みうち)という言葉は

よく聞く言葉ですね。



なんとなく、家族や親戚、血のつながりのある間柄

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『身内』の意味


『身内』の意味は

家族やごく親しい親類など
近い血縁関係にある人


といった意味のようです。



『親類』は
家族を除く、血族と姻族の総称。その家族から見て、血縁や婚姻で生じた関係によってつながっている人々。親戚

といった意味になります。



より親しい血の繋がった間柄、又は親族

家族だけでなく、親戚辺りまでの血縁

のような意味になりそうです。



例文としては
「結婚式は身内のみでひっそりとやりたい」
「身内で集まって山登りに行った」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『身内』の対義語、反対語


『身内』の対義語、反対語は

他人』(たにん)
1.自分以外の人。ほかの人
2.血のつながりのない人。親族でない人
3.その事柄に関係のない人。第三者

といった意味の言葉になります。



血の繋がりのない、親族でない人、という意味になり

『身内』の意味
血の繋がりのある間柄、親族

の正反対の意味になるので

対義語、反対語としてもわかりやすい言葉となりそうです。



赤の他人、自分とは関わりのない人

のような意味としてよく使いそうです。

スポンサードリンク


『身内』の類義語

骨肉
親兄弟
家族
妻子
家人
家内
身内
親身
親族
身寄り
係累
血縁

『肉親』の慣用句

親の七光
親の欲目
血は争えない
血を分ける

『肉親』のことわざ

親の心子知らず
兄弟は他人の始まり
子は三界の首枷
子を見ること親に如かず
大義親を滅す
血は水よりも濃い
豆を煮るに萁を燃く

関連コンテンツ



スポンサードリンク