『親の心子知らず』という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、親が子を思う気持ちは子供には分からない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『親の心子知らず』の意味


『親の心子知らず』の意味は

親が子を思う気持ちも知らずに
子供は勝手気ままな振る舞いをするものである


といった意味のようです。



子供は親が子を思う気持ちに気づかずに好き勝手している

のような意味となりそうです。

『親の心子知らず』の例文、使い方


例文としては
「帰りが遅いと父がよく様子を見に来ていたが、親の心子知らずで、心配する理由がわからないでいる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『親の心子知らず』の類義語

骨肉
親兄弟
家族
妻子
家人
家内
身内
親身
親族
身寄り
係累
血縁

『肉親』の慣用句

親の七光
親の欲目
血は争えない
血を分ける

『肉親』のことわざ

親の心子知らず
兄弟は他人の始まり
子は三界の首枷
子を見ること親に如かず
大義親を滅す
血は水よりも濃い
豆を煮るに萁を燃く

関連コンテンツ



スポンサードリンク