『熟読』(じゅくどく)という言葉は

普通に使う言葉ですね。



なんとなく、集中して読む、内容をよく理解するように読む

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『熟読』の意味


『熟読』(じゅくどく)の意味は

文章の意味をよく考えながら読むこと

といった意味のようです。



内容を理解しながら読む

のような意味になりそうです。

『熟読』の使い方、例文


例文としては
「朝刊を熟読する」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『熟読』の対義語、反対語


『熟読』の対義語、反対語となる言葉は

通読』(つうどく)
始めから終わりまで読み通すこと。また、ひととおり目を通すこと
乱読』(らんどく)
いろいろな本を手当たりしだいに読むこと

といった意味を持つ言葉のようです。



意味を見比べてみると

『熟読』は
考えながら読む、しっかり読む

『通読』は
全体を読む、ざっと読む
『乱読』は
無作為に読み漁る

となるので、それぞれ「読み方」の意味が対比した言葉となりそうです。

スポンサードリンク


『熟読』の類義語

繙く
閲する
閲読
閲覧
渉猟
耽読
味読
熟読
通読
卒読
積ん読
披見
拝読
読解
解釈

『読む』の慣用句

韋編三絶
眼光紙背に徹する
巻を措く能わず
行間を読む
帙を繙く
目を通す
読みが深い

『読む』のことわざ

読書百遍義自ら見る
論語読みの論語知らず

関連コンテンツ



スポンサードリンク