『論語読みの論語知らず』という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、文章を読んでも意味は理解できていない人

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『論語読みの論語知らず』の意味


『論語読みの論語知らず』の意味は

本を読んでも言葉の上で理解するだけで
その精神を実際に生かせないこと。また、その人


といった意味のようです。



文章を読んでも上の空で意味が理解できていない、自分の言葉としてちゃんと使えていない

のような意味になりそうです。



知らない言葉が多いから棒読みのようにただ読んでいるだけ、または

意味が理解できているだけで感情が追いついていない

のようなことなのかもしれません。



言葉も、知識だけでなく自分の中で想像できる経験が大事

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク


『論語読みの論語知らず』の類義語

繙く
閲する
閲読
閲覧
渉猟
耽読
味読
熟読
通読
卒読
積ん読
披見
拝読
読解
解釈

『読む』の慣用句

韋編三絶
眼光紙背に徹する
巻を措く能わず
行間を読む
帙を繙く
目を通す
読みが深い

『読む』のことわざ

読書百遍義自ら見る
論語読みの論語知らず

関連コンテンツ



スポンサードリンク