『耽読』(たんどく)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



聞いただけだと「単独」の方が先に頭に浮かんできてしまいますが

「耽読」というこちらの漢字は見たことがない言葉のように思います。



なんとなく、知らない言葉が多くたどたどしい感じで読む

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『耽読』の意味


『耽読』(たんどく)の意味は

(文学作品を)夢中になって読みふけること

といった意味のようです。



文学作品を夢中になるほど面白くて読み続ける

のような意味になりそうです。



例文としては
「子供の時耽読した本がない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『耽読』の類義語

繙く
閲する
閲読
閲覧
渉猟
耽読
味読
熟読
通読
卒読
積ん読
披見
拝読
読解
解釈

『読む』の慣用句

韋編三絶
眼光紙背に徹する
巻を措く能わず
行間を読む
帙を繙く
目を通す
読みが深い

『読む』のことわざ

読書百遍義自ら見る
論語読みの論語知らず

関連コンテンツ



スポンサードリンク