『渉猟』の読み方は(しょうりょう)と読みます。



『渉猟』(しょうりょう)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



発音によっては「少量」のようにも聞こえてきそうですが

こちらの漢字の「渉猟」は見たことがない気がします。



読むの類義語として考えるならば

読み漁っていく

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『渉猟』の意味


『渉猟』(しょうりょう)の意味は

調査・研究などのために
数多くの本や文書を読み漁ること


といった意味のようです。



渉猟の「猟」からなんとなく読み漁るのような雰囲気がありましたが

たまたま意味が当たっていたようですね。



ある事柄のことを知るためにいろいろな本をまんべんなく読み通していく

のような意味になりそうです。



『渉猟』は
1.広くあちこち歩きまわって、さがし求めること
2.調査・研究などのために、たくさんの書物や文書を読みあさること

といった複数の意味をもちます。



例文としては
「古いファイルを渉猟する」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『渉猟』の類義語

繙く
閲する
閲読
閲覧
渉猟
耽読
味読
熟読
通読
卒読
積ん読
披見
拝読
読解
解釈

『読む』の慣用句

韋編三絶
眼光紙背に徹する
巻を措く能わず
行間を読む
帙を繙く
目を通す
読みが深い

『読む』のことわざ

読書百遍義自ら見る
論語読みの論語知らず

関連コンテンツ



スポンサードリンク