『読書百遍義自ら見る』(どくしょひゃっぺんぎおのずかあらあらわる)

という言葉は聞いたことがない言葉をですね。



なんとなく、あらゆる本を読んでいけば、色々な知識が組み合わさって新しいことが見えてくる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『読書百遍義自ら見る』の意味


『読書百遍義自ら見る』(どくしょひゃっぺんぎおのずからあらわる)の意味は

繰り返し熟読すればどんな書物でも意味が自然にわかってくる

といった意味のようです。



何回も読めばどんな書物でも理解できる

のような意味になりそうです。



本から得られる新しい知識も慣れが必要

知らない知識は退屈で頭に入らないから、読んで慣らしてからもう一度読めば良い

ということなのかもしれません。

スポンサードリンク


『読書百遍義自ら見る』の類義語

繙く
閲する
閲読
閲覧
渉猟
耽読
味読
熟読
通読
卒読
積ん読
披見
拝読
読解
解釈

『読む』の慣用句

韋編三絶
眼光紙背に徹する
巻を措く能わず
行間を読む
帙を繙く
目を通す
読みが深い

『読む』のことわざ

読書百遍義自ら見る
論語読みの論語知らず

関連コンテンツ



スポンサードリンク