『行間を読む』(ぎょうかんをよむ)という言葉は

聞き馴染みがない言葉ですね。



なんとなく、文章と文章の間を読むように、内容を把握しながら読む

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『行間を読む』の意味


『行間を読む』(ぎょうかんをよむ)の意味は

文字づらには直接あらわれていない
著者の真意を推し量る


といった意味のようです。



『文字面』(もじづら)は
1.文字の書き方や並び方から受ける感じ
2.文字で示された表面だけの意味
『真意』は
本当の気持ち・意向。また、本当の意味

といった意味になります。



いまいち意味を読んでもピンときませんが

文章には書かれていない筆者が本当に伝えたいことを考える

のような意味になりそうですね。

『行間を読む』の例文、使い方


例文としては
「行間を読んでいくと違った面白さがある」

のような
「書かれていない作者の気持ち」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『行間を読む』の類義語

繙く
閲する
閲読
閲覧
渉猟
耽読
味読
熟読
通読
卒読
積ん読
披見
拝読
読解
解釈

『読む』の慣用句

韋編三絶
眼光紙背に徹する
巻を措く能わず
行間を読む
帙を繙く
目を通す
読みが深い

『読む』のことわざ

読書百遍義自ら見る
論語読みの論語知らず

関連コンテンツ



スポンサードリンク