『積ん読』(つんどく)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



なんとなく、たくさん読んで知識を蓄える

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『積ん読』の意味


『積ん読』(つんどく)の意味は

積んでおく意味の「積んどく」に「読」の字を当てたしゃれ
本を買っても積んでおくだけで読まないこと

といった意味のようです。



「積ん読」の「積ん(つん)」というのは

本を積む、という意味があり

本を買うだけで読まずにどんどん溜まってしまっている

のような意味になるようですね。



そこから、本を積んでおくだけで実際には読んでいない

といった意味になるようです。



例文としては
「本を買っただけで満足してしまい、本棚のほとんどが積ん読だ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『積ん読』の類義語

繙く
閲する
閲読
閲覧
渉猟
耽読
味読
熟読
通読
卒読
積ん読
披見
拝読
読解
解釈

『読む』の慣用句

韋編三絶
眼光紙背に徹する
巻を措く能わず
行間を読む
帙を繙く
目を通す
読みが深い

『読む』のことわざ

読書百遍義自ら見る
論語読みの論語知らず

関連コンテンツ



スポンサードリンク