『巻を措く能わず』(かんをおくあたわず)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、読むのをためらうようにちょっとずつ読む

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『巻を措く能わず』の意味


『巻を措く能わず』(かんをおくあたわず)の意味は

あまりに面白くて
本を最後まで一気に読んでしまう様子


といった意味のようです。



面白いからもったいなくて最後まで読まずに取っておく、ではなく

面白いから最後まで一気に読む

のような意味になるようです。



確かに面白い本だと時間も忘れて自分の体力も無視して最後まで読んでしまう、気になる結末まで読み切る

ということもありそうです。



面白い、とやる気を感じている内に読み切っていきたいですね。



例文としては
「この作者の連載は巻を措く能わずという興味をそそられる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『巻を措く能わず』の類義語

繙く
閲する
閲読
閲覧
渉猟
耽読
味読
熟読
通読
卒読
積ん読
披見
拝読
読解
解釈

『読む』の慣用句

韋編三絶
眼光紙背に徹する
巻を措く能わず
行間を読む
帙を繙く
目を通す
読みが深い

『読む』のことわざ

読書百遍義自ら見る
論語読みの論語知らず

関連コンテンツ



スポンサードリンク