『韋編三絶』(いへんさんぜつ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



見慣れない漢字も使っているので予想しづらいですが、「読むの類義語、慣用句」として考えてみると

読んでいる書物のストーリーが一変する、内容の濃い本を読んで今まで見てきた世界が違って見える

のような意味になりそうですか。

スポンサードリンク


『韋編三絶』の意味


『韋編三絶』(いへんさんぜつ)の意味は

「韋編」は
竹の札を革のひもで綴じた(とじた)古代中国の書物。また、その革ひも。
孔子が「易経(えききょう)」を熟読して本の革ひもが三度も切れたという
「史記」の故事から
ボロボロになってしまうくらい
一冊の本を繰り返し読むこと


といった意味のようです。



『韋編』(いへん)は
本を綴(と)じた革ひも。転じて、本。書物。
『革』は
動物の皮から毛を取り去り、陰干ししたもの。かわ
『綴じる』(とじる)は
重ね合わせた紙などに糸を通したりして、一つにまとめる

といった意味になります。



古代中国の例えから来た言葉だったようで

孔子の本の革ひもが何度も読んだため三回も切れたように

ボロボロになるぐらい繰り返し読む

といった意味になるようです。

スポンサードリンク


『韋編三絶』の類義語

繙く
閲する
閲読
閲覧
渉猟
耽読
味読
熟読
通読
卒読
積ん読
披見
拝読
読解
解釈

『読む』の慣用句

韋編三絶
眼光紙背に徹する
巻を措く能わず
行間を読む
帙を繙く
目を通す
読みが深い

『読む』のことわざ

読書百遍義自ら見る
論語読みの論語知らず

関連コンテンツ



スポンサードリンク