『承知』(しょうち)という言葉は

その物事に対して理解した

というようなイメージがあります。



普段の日常生活の中でも
お願いされたり、頼み事をされたりした場合に

承知した

と言って

「わかった」
の代わりのような使い方をしていた気がします。



なので
「承知した」と聞くと
わかった、理解した

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『承知』の意味


『承知』の意味は

物事の内容や事情を知ること。知っていること

といった意味のようです。



知ること又は知っている
とあるので言い換えれば

わかっている、わかる

といった意味になってきそうです。



なので会話の流れでいうと
聞いたから理解した
聞かれたことに対して既に理解していた

の2通りがありそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『承知』の使い方や例文


例文としては
「安全だということは承知している」
「言われなくとも百も承知だ」

といった
「知っている」
の代わりのような使い方が良さそうです。

『承知』の反対語


『承知』は

物事の内容や結果を知る、知っている

といった意味なので

その反対語、対義語となると

物事の内容や事情を知らない、知っていない

といった意味になりそうです。



既にネットで公開されている

『承知』の反対語の候補として

『拒否』『拒絶』

が上げられていましたが

『拒否』は

要求や提案を聞き入れないで断ること。拒絶

『拒絶』は

相手の頼みや要求をこばむこと

とあり

『拒否』⇔『承諾』
『拒絶』⇔『受諾(じゅだく)』

といった言葉が反対語、対義語となっています。



『拒否』の反対語に
『承諾』だと

相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること

といった意味なのでそうかもしれませんが

『承知』だと

知る、知っている

といった意味なのでちょっと違うような気がします。



そう思っていたら

『承知』は

1.知っている。わかっている
2.聞き入れること。承諾すること

といった複数の意味を持ち

その中で『承諾』とも似た意味も持ちます。



なので

今回紹介した意味からだけではなく

『承知』という言葉全体から見ると

『承知』の反対語、対義語は

拒否』もしくは『拒絶

という言葉が正しいようです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

『承知』の類義語

悟る
弁える
心得る
飲み込む
察する
見て取る
窺う
見抜く
見透かす
掴む
通じる
与り知る
存じる
承知
熟知
知悉
通暁
精通

『知る』の慣用句

一を聞いて十を知る
推して知るべし
温故知新
造詣が深い

『知る』のことわざ

井の中の蛙大海を知らず
知らぬが仏
汝自らを知れ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]